AMAMIKO

mistik Amami-adalar xüsusi shochu

何で思い通りにいかないんだ!

何で思い通りにいかないんだ!

世の中、生きていると大変な事も多々あります。そんな時、

「何で思い通りにいかないんだ!」「どうやったら思い通りに行くんだ!」

と憤ることや

「何で思い通りにいかないのかなぁ」「はぁ、、、」

と悲観することありませんか。私はよくあります。

仏教ではこの世の中は「一切皆苦」と考えます。「苦」とは「思い通りにいかない」という意味です。

四苦八苦という言葉を聞いたことがあるでしょうか。字づらを見ただけでも何か大変そうですよね。

四苦とは生老病死を表します。生まれてきたこと、老いること、病気になること、死ぬこと。それに、愛する人とも必ず別れる時が来る(愛別離苦)、いや〜なアイツとも顔を合わせなければいけない(怨憎会苦)、求めるものが得られない(求不得苦)、肉体や感情があるために生まれる苦しみ(五蘊盛苦)を合わせて八苦といいます。

歳をとりたくないよ〜。死にたくないよ〜。永遠に愛して。と執着すると「苦」になってしまいます。

そんな時、どうすればよいのかを考えてみましょう。「諸行無常」という言葉を聞いたことあるかも知れません。

「すべてのものは変化していく、永久にかわらないものはこの世には存在しない」と言う自然の摂理の中に私たちはいます。

自分ではどうしようもないんです。そうです「思い通りにはいかないんです」

では、どうすればよいのでしょうか。しょうがないんですよ。思い通りにはいかないんですよ。それを認めましょう。諦めましょう。その上は未来を思い煩うのではなく今を楽しみましょう。

歳をとりたくない。私の知り合いの50代の女性の方はこういいます。「今が一番若い」

死にたくない。今は死んでない、死んだ時に考えましょう。今流行のエンディングノートだって、死を認める為の作業ですよね。死を認めその上で今を楽しみましょうということだと私は考えています。

永遠に愛して。永遠はない、いつかは必ず別れる時がくる。だからこそ今全力で愛しあいましょう。

そうです。「今」を楽しく生きるしかないんです。「一切皆苦」「諸行無常」という言葉を受け入れた時に初めてほんとに「今を生きる」ことができるのではないでしょうか。私はそう考えます。

そして今を生きます。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top