AMAMIKO

mistik Amami-adalar xüsusi shochu

シェイクスピアの名言

シェイクスピアの名言

william-shakespeare-62936_1280

ウィリアム・シェイクスピア(1564年~1616年)

英国の劇作家、詩人。英国ルネサンス演劇を代表する人物。

シェイクスピアの父は皮手袋商人で市会議員、母はジェントルマンの娘であり、裕福な家庭環境に育つ。18歳で26歳の女性と結婚。その後、ロンドンへ進出し、演劇の世界に身を置くようになる。俳優として活動するかたわら次第に脚本を書くようになり、名声を得たシェイクスピアは多くの戯曲を執筆。その卓越した人間の心理描写により、最も優れた英文学の作家と言われる。

シェイクスピアの名言をたっぷり浴びてください。ひとつひとつの名言から感じることもあれば、名言と名言のつながりの中で感じることもあるのではないでしょうか。世の中がさらによりよいものになりますよう心から。

輝くもの、
必ずしも金ならず。

 

人は心が愉快であれば

終日歩んでも嫌になることはないが、

心に憂いがあればわずか一里でも嫌になる。

人生の行路もこれと同様で、

人は常に明るく愉快な心をもって

人生の行路を歩まねばならぬ。

 

喜怒哀楽の激しさは、

その感情とともに実力までも滅ぼす。

 

安心、

それが人間の最も近くにいる

敵である。

 

今晩一晩は我慢しなさい。

そうすれば、この次はこらえるのが楽になる。

そして、その次はもっと楽になる。

運命とは、

最もふさわしい場所へと、

貴方の魂を運ぶのだ。

悲しみが来るときは、

単騎ではやってこない。

かならず軍団で押し寄せる。

おまえは、

他人のなかにある自分と同じ欠点を

むち打とうとするのか。

失敗の言い訳をすれば、

その失敗がどんどん目立っていくだけです。

 

天は自ら行動しない者に

救いの手をさしのべない。

避けることができないものは、

抱擁してしまわなければならない。

あなたがたとえ氷のように潔癖で

雪のように潔白であろうとも、

世の悪口はまぬがれまい。

たとえ小さな斧でも、

数百度これを打てば

堅い樫の木も切り倒せる。

 

とじこめられている火が、

いちばん強く燃えるものだ。

何もしなかったら、

何も起こらない。

愚者は己を賢いと思うが、

賢者は己が愚かなことを知っている。

今後のことなんかは、

ぐっすりと眠り忘れてしまうことだ。

 

人の傷を笑うのは、

傷の痛みを感じたことのないやつだ。

貧乏でも満足している人間は金持ち、

それとも非常な金持ちです。

だが、大金持ちでも、

いつ貧乏になるかとびくついている人間は、

冬枯れのようなものです。

不運ばんざい!

運の女神に見放され、

この世の最低の境遇に落ちたなら、

あともう残るのは希望だけ、

不安の種も何もない!

豊かさと平和は、

臆病者をつくる。

苦難こそ強さの母だ。

どうせ年をとるなら、

陽気な笑いで

この顔にシワをつけたいものだ。

 

不幸というものは、

耐える力が弱いと見てとると、

そこに重くのしかかる。

お前は熊から逃れようとしている。

しかし、

その途中で荒れ狂う大海に出会ったら、

もう一度獣の口のほうに引き返すのか?

まず計画はよく行き届いた

適切なものであることが第一。

これが確認できたら断固として実行する。

ちょっとした嫌気のために、

実行の決意を投げ棄ててはならない。

暗闇はなく、

無知があるのみ。

過ぎ去った不幸を嘆くのは、

すぐにまた新しい不幸を招くもとだ。

頑固な人には、

自ら招いた難儀が

いちばんよい教師になるにきまってます。

人の成すことには潮時というものがある。

うまく満ち潮に乗れば成功するが、

その期をのがすと、

一生の航海が不幸災厄ばかりの

浅瀬につかまってしまう。

人より早く成功する奴は、

ダメになるのも早い。

正直なほど富める遺産はない。

他人もまた同じ悲しみに悩んでいると思えば、

心の傷はいやされなくても、

気は楽になる。

どうとでもなれ、

どんな大嵐の日でも、

時間は経つ。

人とは何か?

寝て食うだけが取り柄なら、

獣と同じその一生。

頑固な人には、

自ら招いた難儀が

いちばんよい教師になるにきまってます。

習慣も大事だが、

なかには守るより

破ったほうがいいものもある。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top