AMAMIKO

mistik Amami-adalar xüsusi shochu

多すぎる物の整理方法

多すぎる物の整理方法

洋服や靴など多すぎて整理の仕方が分からなくなってしまうことってありませんか。

掃除と心には密接な関係があります。物をきれいに整理することで、心の中も整理していきましょう。

洋服とか靴というのは、多くなりすぎて分からなくなりがちです。ではどのようにして整理して行くとスムーズになるのでしょうか。

いきなり「いるもの」と「いらないもの」に分けて「いらないもの」はなくなく捨てましょう。と言われてもそう簡単にできるものではありません。もちろんそれだけ自分が整理されていることはとても望ましい状態であるとは思います、

なので、できる方は「いるもの」「いらないもの」に分けてすぐに整理終了!でもよいかと思います。しかしここでは違う方法を身につけていただきたいと思います。

具体的に言うと分類をもう少し大きくして整理して行きたいと思います。「今いるもの」「季節外のもの」「今はいらないけど捨てたくないもの」「捨ててもいいもの」に分けます。

分け終わりましたら、それぞれ分けたものに対して行動を起こしていきましょう。

「捨ててもいいもの」はもちろんその日のうちにゴミ袋にいれて今までありがとうといってお別れをしてください。

「季節外のもの」はいつも日常の流れのなかから飛び出させて違う場所において置きましょう。また数ヶ月後に会いましょう。となるべく取り出しやすい場所がよいかと思います。

「今はいらないけど捨てたくないもの」は心がまだ捨てることに納得ができていないものとなります。なので、少し距離を置きましょう。段ボールなどに詰めてほとんどあけることがない上の方の棚とか、置くの方とかに置くとよいです。こちらはまた来年お会いしましょう。その時に気持ちが残っていたらまだおつきあいを続けましょう。と半年後や1年後に会う約束をしましょう。(カレンダーに印をつけておいてください。)

これでようやく、日常の洋服ダンスや靴箱には「今使うもの」しかなくなりました。するとスムーズに毎日をすごせるようになります。また、「今使いなおかつ愛が深いもの」だけに囲まれた生活をすることができます。

ここでポイントは、習慣化することです。習慣化することでリズムを作り出すことができます。リズムができると決断のスピードと精度があがってきます。今回の掃除の話で言うと、強制的に季節が変わった時に「衣替えをする必要が出てきます」そこでまた同じように、「今いるもの」「季節外のもの」「今はいらないけど捨てたくないもの」「捨ててもいいもの」に分けて同様の作業をします。

これを繰り返し行うことで気づけば整理することができるようになっているかと思います。

今回の整理のポイントは分類です。分類することで自分の心のあり方に気づくことができるようになります。心の問題も同様です。自分の気持ちを分類してみてください。今まで気づいていなかった自分の本音と向き合うことができるのではないでしょうか。

掃除と心には密接な関係があります。自分と向き合う為の何かの助けになれれば幸いです。

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

Return Top